ウィリエールのフラットバーロード「アゾロ」をドロップバーにモディファイする話②

バーテープは巻いていませんが、ほぼ完成状態です。(ペダルもついていませんね!?)
フラットバーがついている時のイメージとはかなり違うと思えます。
どうしても「ウィリエール」って人じゃなくても、見た目だけで選んじゃう事もありそうで?
そんな予感をさせる仕上がりだと自画自賛しております。
(撮影は新しい作業小屋、服部ワークスの前で行いました)
f0367991_20361595.jpg

太めのタイヤ(700×28C)がオススメポイントです。
クリアランスを確保するためにロングタイプのブレーキアーチが装備されています。
(シマノのBR-451のブラック仕上げです。)
この(タイヤの)太さなら、ちょっとしたグラベルも走行可能かと?
出来ればツーリング仕様にモディファイを進めて、いろんな所へ走り出したくなりますネ。
フロントのチェーンリングはダブル仕様で、46T×34Tが標準装備!(チェーンリングガード付き)
リヤのスプロケットが11T~32Tのおかげで、ワイドなギヤレシオが選択できます。
f0367991_09442244.jpg
クロスバイクからドロップバーへ!2度おいしいと思い、今回のモディファイを実行
したのですが~最初からドロップでもイイんじゃないかな~と考えが変わりました。
でも、この仕様は標準ではありません(カタログに載っていないのです)。
どうしても、初めからドロップバー!という方はショップの主(あるじ)に相談して
みては如何でしょうか。
これからもモディファイは続いて行きますのでお楽しみしておいてくださいませ。



@服部産業株式会社












隣が病院の駐輪場・・・
バックからの撮影には向いていませんでした。
ダウンチューブの赤いラインをお見せしたかったもので~見えにくいかもしれませんが
シートステーにはリヤキャリアの取り付けダボがあります。
キャリアのステーとブレーキの隙間がギリギリかもしれません?
一度確認しておいた方が宜しい!
次回、「フラットバーロード「アゾロ」での遊び方 」で検証(?)の予定です。
f0367991_09435391.jpg

[PR]
by hattorisports2 | 2016-11-26 00:00 | 軽量おぢちゃん
<< 週刊「ユニパー 2:1 ホイー... ユニパー新製品『片側曲面ワッシ... >>