グランツーリズモR SL目線<沖縄編⑰>

そういえば、おきなわ最終仕様を紹介していなかったので・・・
こんな感じので走ってきました。
いわば通勤仕様そのままでレースを走ってきたのです、レース中~周りは
カーボンホイールのオンパレード!
沖縄内の移動は自転車(自走)がメインだったのでチューブラータイヤでの
パンクがあった時のリスクを少なくしたかったところもあります。
レースと移動のどっちが大切やねん?という指摘がありそうですね!?
カーボンクリンチャーは考えていませんでした。
まぁ一番の理由は面倒くさかった・・・かな。
f0367991_08215322.jpg
気になる(?)最終重量はUCI規則をうっすらと下回った「6465g」でした。
ペダルなしの重量ですが、プラス169g(ペダル重量分)すると「6634g」になり、やっぱりUCI規則を下回ります。
輪行袋に入れて持ち運ぶ時は随分、楽に(軽く)感じました。
以前にも書きましたが、アルミのクリンチャーホイールですよ!それでこの軽さって凄くないですか?
タイヤはヴェロフレックスのコルサ、チューブはヴィットリアのブチル、そんなに軽いものは使っていませんし・・・
f0367991_08211704.jpg
現在はお休み中で、通勤はゼロセッテで走っています。
グランツーリズモR SLよりは硬さを感じますね!?
疲れた脚には少々ひびきます~元気になったら山を攻めてみようと
考えています。
そういえば、気になる事があって・・・ゼロセッテに戻してから
脚が攣って夜中に目が覚めるという現象(?)が再発したのです。
最近は発生しないなぁ~と思っていたんですけど、もしかしたら
フレームの硬さが原因???
暫く様子をみてみましょうか。
結構痛くて一晩に2~3回目が覚めます~体が休まらず疲れがたまります。

新しいシューズを買いました。これでまた一年練習して、おきなわに
挑戦する予定!完走できないのに「まだ走るのか」と怒られそうです。



@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2016-11-25 00:00 | 軽量おぢちゃん
<< ユニパー新製品『片側曲面ワッシ... ウィリエールのフラットバーロー... >>