アラバルダ・バー

2017モデルチェントディエチエアーに装備される「アラバルダ・バー」を見ていて調べたくなった事があるのです。
従来のバイクに取り付けできないであろうか?
結構、ハンドル形状を気に入っているからで・・・

グランツーリズモR SLにそのまま取り付けたら、こんな感じです。なかなか様になっているでしょう?
しかしコレは取り付けただけで機能するレベルではないのです。
f0367991_08155239.jpgf0367991_08154774.jpg


なぜかというと、「アラバルダ・バー」を固定するデバイス(画像右)はステム部より大きい(長い)ので
取り付けると数mmはみ出してしまうのです。
                               f0367991_08154292.jpg 


デバイスのはみ出した部分を隠すのには、専用のスペーサーを取り付ける必要があります。それから専用ダストキャップですね~
これだとチェントディエチ用なので、従来のヘッド規格へは取り付けできないのです。
(ステム部をひっくり返した画像です。)
f0367991_08152925.jpgf0367991_08153781.jpgf0367991_08152424.jpg


従来のフレームに取り付ける方法としては、このはみ出したデバイスを短くする(削る?)しかないかもしれません。
試しに上側にはみ出しさせてみると、従来のダスタカバーは取り付け可能みたいです。
下手に削ると固定力が低下したり破損するリスクもあり、事故へとつながる恐れがあるので絶対にしないで
下さい。他に方法がないか考えてみます、出来たとしてもプロパーの方法ではないので自己責任になりますが。
f0367991_08151787.jpgf0367991_08150942.jpg

@服部産業株式会社

ちなみにチェントディエチエアーに従来のハンドル・ステムを取り付けできるかというと・・・
専用のヘッドパーツが用意されているので、それを使えばOKです。(別売り)
ご用意できるまで暫くお待ち下さいませ。







[PR]
by hattorisports2 | 2016-10-26 10:26 | 軽量おぢちゃん
<< アラバルダ・バー② グランツーリズモR SL目線<... >>