グランツーリズモR SL目線<沖縄編⑪>

初めてお読みの方は <沖縄編①> からどうぞ!

さらっと、完成しました。ほぼ、もう走られるところまで組み立てました。
一部、諸事情があり予定していたパーツと違う物がアッセンブルしていますが、後日変更した物と理由を
書き足していきたいと思っています。
f0367991_13363447.jpg
気になる実測重量は「6255g」に仕上がりました。
ペダルレス、コラム未カット、アンカープラグなし状態です。これからボトルケージやスピードメーター類を取り付けていきます。
カーボンホイールがまだ手を付けていない状態なのです。ユニパーのアルミライトホイール(試作機)を取り付けて、この重量に
仕上がっているのは想定外(軽い)ですね!?
カーボンホイールに交換すれば、ペダル付きでも5kg台に仕上がるかも?
特別な軽量フレームでもないし、ヒルクライム仕様でもありません!!!でも軽すぎるってのも怖いですよね?
マッチングが良ければ来年の乗鞍はコレかな。
f0367991_13362970.jpg 

使用するペダルは、スピードプレイで「168.9g」!
f0367991_11051061.jpg


ボトルケージはカーボン製で1個「33.6g」、プラで「43.1g」なのでカーボン製にします。
2個で「67.2g」だから、合計で「6491.1g」になりますね。あ~取付ボルトを足すと「6500g」超えるか!
これでおきなわへ行きますが、やっぱりUCIの規定は下回りました。
f0367991_11050460.jpgf0367991_11045695.jpg


細かい、本当に細かい所も軽量化しました。アウター受けを固定している小ねじです。ステンレス製2個で「1.0g」チタン製に交換すると
2個で「0.5g」の軽量化、1台で6個使うので「1.5g」軽くなります!
f0367991_08084417.jpgf0367991_08083945.jpg

BB下ワイヤーリードを固定する小ねじです。ステンレス製で「1.4g」、チタン製に交換すると「0.5g」軽くなります!
f0367991_08083360.jpgf0367991_08082950.jpgf0367991_08082064.jpg


ヘッド小物の下玉押し(ベースプレート)裏側に溝加工(切削)して「0.2g」軽くなります!
良い子の皆さんはマネしないでね(マネできないか?)
f0367991_08081493.jpgf0367991_08080913.jpg


プレスフィットBB~アルテグラグレードをデュラエースグレードにすると「9g」軽くなります!
f0367991_08133100.jpgf0367991_08132679.jpg
合計で「11.2g」軽くなりました!


9月中頃に膝を痛めてしまい、全然走れていないのが不安材料?
バイクが良くなっても乗り手が駄目じゃ、ウィリエールが泣いてしまい
ますね・・・

つづきは<沖縄編⑫>


@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2016-10-24 15:00 | Wilier(ウィリエール)
<< アラバルダ・バー グランツーリズモR SL目線<... >>