グランツーリズモR SL目線<沖縄編⑩>

初めてお読みの方は <沖縄編①> からどうぞ!

いつもバイクを組み立てる時は「BIKE SIZE」を使ってセッティングしています。
過去のバイクを採寸してデータを書き残していて再現するのが基本!
「この機械でどうやってサイズを決めるのですか?」と質問されることが多々あります。
バイクの寸法出しをする為の物であって、体の採寸をしてポジションを算出する事はできませんので・・・・

⓵サドルの位置(高さとセットバック)
 サドル先端から140mmの所で高さを決めます。これは世間一般的に行われる事もあるみたいですが
 最初にサドル高さを測定したバイクでたまたま、シートチューブ延長線上のポイントがサドル先端から
 140mmだっただけです?その時に145mmだったら、今でもその数値でセッティングしていたでしょうネ!?
 結構このサドルは上面が反り上がっているのとパッドが柔らかいので、他のサドル交換すると高さが変わって
 しまうでしょう。「スクラッチ」とかいろいろ他のサドルを試してきましたが、このサドルに戻りました。
f0367991_08040143.jpgf0367991_08031806.jpgf0367991_08031395.jpg


②ハンドル(ステム)の位置(高さ)を、合わします。ハンドルがフラットバーなので「クロスバイクにするの?」と
 訊かれましたがステムにハンドルを通すのが楽なので「仮」に使用しているだけ、マスドレースに出るバイクを作成
 しているのに「愚問」は少々困ります。
 サドルはあれこれ使っても元に戻りましたが、ハンドルは何でも「OK」です。最近はリッチーの「EVO」がお気に入り?
 ブラケットの位置がほぼ同じになるのであればハンドルの形状は気になりません。アンダーバーやアップバーを握る
 事が少ないからでしょう。
f0367991_08030862.jpg


毎年、体のコンディションによって少しずつ寸法が変化します。
近年はシューズによって、かなりサドル高さが変わるのでセッティングに時間がかかります?
シマノのシューズを長年愛用しているのですが、カーボンソールであってもグレードのよって
ソールの厚みがかなり違って、履き替えるとかなり違和感があるのです。
スペアも同じグレードで揃えておいた方が宜しいですね!
(雨用をワンランク下のグレードにしているので)
現在使い分けているもので、2~3mm厚みが違うと思います。
勿論今回はレース用(晴用?)シューズに合わせてセッティングしています。

ここまでくれば、後は普通に組み立てるだけ!

完成を待つべし。



つづきは<沖縄編⑪>


@服部産業株式会社



[PR]
by hattorisports2 | 2016-10-21 15:00 | Wilier(ウィリエール)
<< グランツーリズモR SL目線<... ナゴエボ パス CPC >>