グランツーリズモR SL目線<沖縄編④>

初めてお読みの方は <沖縄編①> からどうぞ!

軽くする為には、軽いパーツを集めなくてはなりません!
しかしながら、例外も在ります。
体の触れるパーツ、つまりサドルとハンドルだけは気に入っている
物になります。

サドルはサンマルコのボントラガー、既に絶版になっているレア物です。
入手が超困難なので、数個ストックしています。
f0367991_10133676.jpg

ハンドルはリッチーのスーパーロジック、EVOカーブ。
現行品ですが、いつ無くなるか分かりません、結構高価なので今回は
予備で持っていた1本を使います。
既にST-9000が取り付けられています。
f0367991_13191944.jpg

コンポの重量は決まっているので、軽量化出来るパーツは限られますネ!?

ケーブル類は総て「aican」にしました。ただ、この商品は急な曲がりに
対応しにくく、リヤディレイラーにつながる所は「I-Link」にします。
シマノ製のシフトケーブルアウターは1mで「 32.7g」なのに対し「aican」製
は、「 19.7g」しかありません。
大した重量だと思われないかもしれませんが、この積み重ねが最後に
大きな差になって現れるのです。
f0367991_10140565.jpg

左が「I-Link」右が「I-Link Mini」です。むろん、右の方が軽い(シフト専用品です)。
重量は1mで各「27.6g」と「15.6g」でした。
画像にはありませんが、以前シマノにあった軽量パーツ群「YUMEYA」のシフトアウターは
1mで23.4gです。
f0367991_10140039.jpg

チェーンはKMCのX11-SLにしようとしたら、残念な事に手持ちの物は
現行の11速に対応していないタイプ、対応品を買う予算がなくCN-HG901
になりました。

つづきは<沖縄編⑤>



@服部産業株式会社









[PR]
by hattorisports2 | 2016-10-07 15:00 | Wilier(ウィリエール)
<< ジャパンカップサイクルフェスタ... 2017 チェントウノ・エアー... >>