六甲を走る

こんにちは!久しぶりのサイクリング記事です・・・が走るのをサボっていたわけではありませんョ
今回は初めて真夏の暑い中、兵庫県の六甲方面を走ってきました
大阪南部や奈良に住むと中々、北方面(大阪市をまたいで北部)に行く機会がなかったのですが、
以前から元同僚のJさんに誘われいたので(神戸に在住で六甲のエキスパート)新人N-さんとベテランSさんを誘い六甲へレッツゴーとなりました
本日のコースは六甲を大きく周回しながら走るアップダウン連続設定です
まずはJさん宅を出発し六甲の西側、県道16号線(西六甲ドライブウェイ)で表六甲ドライブウェイの合流地点(丁字ヶ辻)まで走ります
もちろん阪神タイガースの歌にもあるように六甲は山で山脈になっているので平坦道路は無
県道16号線は六甲山脈を尾根伝い走る道路です!!
f0367991_15422738.jpg

閑静な住宅街を走り六甲を目指します
f0367991_1543465.jpg

西六甲ドライブウェイは緩斜面が多くのんびりとマイペースで走るなら最高の登りですね
f0367991_1555297.jpg

丁字ヶ辻で小休憩  電柱を抱いているのが新人N-さん
f0367991_16575970.jpg

JさんとSさんはチェントウノAir私はゼロ7です
N-さんはウィリエール(GTR-SL)を持っているのですが、この日は機材トラブルでセカンドバイクに乗っています

f0367991_1605099.jpg

少し走り、裏六甲ドライブウェイを下り温泉で有名な有馬へ抜けます!この下りは昨年Jさんが11カ所骨折した魔のカーブがあるので要注意!!
f0367991_1613303.jpg

早すぎて後ろからしか写真の撮れないSさん
f0367991_1624963.jpg

県道51号線(有馬海道)で有馬の街を抜け、この後船坂小学校前から県道82号線に入り、再び県道16号線を目指します
f0367991_16113686.jpg

まだまだ余裕のJさん この先には18%の登りが待っています

この後県道16号線に入り六甲山の山頂近くの一軒茶屋(休憩所)を目指し10%越えの道ををひたすら登ります
暑さと斜度で心が何度も折れそうになりますが、一軒茶屋が見えた時の安堵感は格別
f0367991_1625925.jpg

ここでベテランSさんは自走で家まで帰るのでお別れ!!なんとタフな…
f0367991_16291239.jpg

神戸の街と海が一望できます
f0367991_16303819.jpg

Jさんも無事到着
f0367991_16311237.jpg

N-さんは足がつり休憩しながらも到着!ウィリエールではないからですね(笑)
この後はアップダウンの道をJさん宅まで
走行距離は80km弱と短いながら平坦がなく、最後の山頂までの道はかなりハードできついコースです

なぜこんなことをしているか?
それは今年の乗鞍マウンテンサイクリング(乗鞍ヒルクライム)でJさんとの勝負があるからです!

ヒルクライムレースは近年人気も高く、数多く開催されていますが、ヒルクライムの草分け的大会が乗鞍です。
ヒルクライムレースの楽しさはもちろん上位を目指すことも1つですが、みんなが1位を取れるわけではありません。
遅いと出てはいけないのか?そーいったこともありません。

私は毎年同じ大会に出場します。
そして、過去の自分(の記録)と勝負するのです。

そのような方法も、ヒルクライムを楽しむコツの1つだとおもいますョ!















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2016-08-19 20:00 | サイクリング
<< 2016シマノスズカロード編① グランツーリズモRチーム目線<... >>