2017 モンテグラッパ チーム目線①

シルバーとホワイトの2色展開になっていて、トップチューブ上面のイタリアン・トリコロールが
今回のデザインにおいて最も主張しているところです。
2016モンテグラッパはマットブラックが人気でしたが、2017はシルバー(渋めです)をお勧めします。
f0367991_13210525.jpgf0367991_13210076.jpg
チームになって大きな変更点は
①7000系アルミから6000系アルミへ~これはハイドロフォーミング加工でトップチューブと
 シートステーをデザインさせたからと考えられます。乗り心地も変わるでしょう。
 アルミでこのモノシートスティを成形出来るのは加工技術が進化したのだなぁ~と感心してしまいます。
 ブレーキケーブルは従来通りトップチューブ下にアウター受けを設けた外出しタイプ、シフトケーブルは
 ダウンチューブ部のみ内蔵になっております。
f0367991_13205624.jpgf0367991_13205332.jpg
②フロントフォークがフルカーボン製、ステアリングコラムもカーボン製になりました。
 下側のベアリングは1-1/4へサイズアップし、より安定感が増します。
f0367991_13204983.jpg
③XXSサイズが追加されました~センター~トップで430mm、従来のモンテグラッパは
 XSサイズで430mmだから、変わらないと思われますがチームはシートチューブのオーバーハングが
 大きく、トップチューブの結合位置でみると390mm相当なのです。デザインが優先されました。
f0367991_13204477.jpgf0367991_13204026.jpg

@服部産業株式会社







近年の流行りは極薄パリパリの軽量アルミバイク~
モンテグラッパ チームはどちらかというと、どっしり強固なアルミバイクです。
元々、ウィリエールはチェントウノSRの様に硬いフレームを好んでデザインするみたいです。
とはいえ、入門用のロードバイク、GTRに採用されているのと同じフルカーボンフロント
フォークのおかげで地面からのショック吸収はかなり向上しています。
f0367991_13203534.jpg

10年前にウィリエールにスペックしていたアルミモデルの「エヴァーション」に近いと思えます。
(エヴァーションはカーボンバックでしたが)
当時は競技を始めるなら、これを乗りこなしてから「カーボンバイク」にしなさいと
会社の先輩が小売店のお客さんに話していたのを覚えています。
f0367991_13203013.jpg


[PR]
by hattorisports2 | 2016-10-03 15:00 | Wilier(ウィリエール)
<< 9月25日 あわいち 2017 06(ゼロ・セーイ)... >>