2017 06(ゼロ・セーイ)の軽量化 その②

この記事を初めてお読みになる方は
2017 06(ゼロ・セーイ)の軽量化 その①
からお読みください。

軽いパーツも求めて、今回は「サドル」です。  
現在のサドルはAXライトネスが取り付けられています。これでも結構軽いのですが?
実測「73.3g」は合格点です。
f0367991_12532297.jpg

標準的なサドルの重量です。「257g」が普通、これに比べ「73.3g」は1/3 以下
まぁ、エントリークラスの物になると「300g」を超えてきます。
あなたが使っているサドルは何gでしょうか?
f0367991_12545276.jpg

先ほどの物に比べ、サドル後部がカットされていて僅かに軽くなっています。
f0367991_12550630.jpg

同モデルでチタンレールになると、200gを切ります。
f0367991_12552137.jpg

カーボンレールだと更に軽くなります。
でも、AXに比べるとまだまだですね???????
f0367991_13070462.jpg

手持ちで、もっと軽いサドルを探してみましょう?
シートポスト込みで上記の物より軽くなっています。
f0367991_12555884.jpg

更に軽いコンビネーションもあります。
f0367991_12555152.jpg

単体では「47.8g」と
f0367991_12561169.jpg

「39.6g」です。
しかしながら、このモデルは専用シートポストに直接取り付けるので、他のシートポストと
組み合わせる事が出来ません。
f0367991_12562119.jpg

最軽量「33.3g」これは一般的なレール(といってもカーボン製)なのでシートポストを選びません。
といえ、レールにストレスがかかり過ぎるタイプとの組み合わせは破損の元!
f0367991_12563371.jpg

現在のサドルに比べると「40g」も軽くなる事が分かりました。
その①のヘッドパーツで「22.1g」軽くなったので
ここまでの合計は「62.1g」、まだ軽く出来そうですね?

2017 06(ゼロ・セーイ)の軽量化 その③ へ続く




@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2016-10-01 21:00 | 軽量おぢちゃん
<< 2017 06(ゼロ・セーイ)... 2017 チェントウノ・エアー... >>